地域社会に貢献する医師の求人と転職

医師の求人は、首都圏、地方を問わず、常に変化しています。

一昔前では、高給の代表だった弁護士や歯科医は、過当競争の激化によって、廃業もやむない状態に追い込まれています。一方、地域によっては、まだまだ不足しているという社会的アンバランスを引き起こしてしまっています。

当サイトでは、年収だけでなく、QOLの観点から、医師にとって好条件の求人をご紹介し、転職のお役に立つ情報を掲載いたします。

今月の医師の求人と転職の比較を見る

2017年は今度こそと期待されていた新専門医制度の導入が、また見送られ、失望した医師や、2018年での導入に対して懐疑的な医師も多いかと思います。そもそも、専門医制度は2015年に導入されるはずだったにも拘らず、学会と日本専門医機構との整合ができずに二度も見送られた経緯があります。本来であれば、最上位の取りまとめ役である日本医師会が方向性を示すべきところでしたが、厚生労働省の優柔不断さが根本的原因となって延期に次ぐ延期の失態となっています。すでに新専門医制度は「足についた米粒」つまり、取らなければならないが、とっても口にすることはできないとまで言われるようになっています。

おそらく、2018年度の導入がまた見送られるような事態が発生すれば、もうだれも耳を貸さなくなるばかりでなく、日本の医療は、細分化が進むアメリカにさらにおいてけぼりを食う結果が目に見えています。

医師は他の職業と異なり、自立して社会に出るまで年数がかかり、研修医を終えるともう二十代後半に差し掛かってしまいます。一般的な職業であれば、もうひとりで業務をこなし、先を見通し始める年齢です。ただでさえ医師と言う職業は、取引先と言う概念がないため、社会的精神年齢の成長が遅い職業であるため、意識して将来を見極めるようにしないと、あっと言う間に40代、50代となり、体力の衰えを迎えてしまいます。

また医師の世界は、教授をはじめとした医局の支配力が強い非常に狭い世界ですから、自分自身で転職先を探そうとしても、しがらみの無い求人を見つけにくい環境でもあります。こういった問題は、エキスパートであるコンサルタントと各病院のデータを備えたシステムを持つ求人会社に頼ることが最良の手段と言えるでしょう。

転職は求人会社に任せて、無理せず、焦らず、そして効率よく、ご自分の希望条件にあった転職先を紹介してもらうことをお勧めいたします。昔と違って、ネットによる情報が氾濫していて、なにが本当なのだがわかりにくい状態ですから、転職経験者のサイトやブログを参考にすることがベストと言えます。